株式会社はるこころ

トップページ
はるこころ便り
オンラインショップ
友だち追加
はるこころ情報

有機フッ素化合物(PFAS)について

有機フッ素化合物(PFAS)は化学構造上、炭素とフッ素が非常に強い力で結びついており、自然界では分解されず、環境中でも体内でも長期間残存し続け、除去や浄化も困難で永遠に残り続ける性質から「永遠の化学物質」として欧米を中心に危険視されています。

用途は、熱に強く水や油、汚れをはじく特性から、鍋・フライパン・炊飯器・ピザやハンバーガーなどの厚紙箱・包装用紙・洗口液・ウォータープルーフのマスカラ・リキッドタイプの口紅・ファンデーション・お掃除や除菌のスプレー・レインコート・防水スプレー・カーペットやキャンプ用品などの生活雑貨ほか、自動車部品や半導体の製造工程への導入・消火器などにも使われています。

有機フッ素化合物(PFAS)は、全国各地の水道水からも検出されており、命の源「水」の汚染は深刻です。

有害物質→体内への吸収ルート
・口から【経口吸収
・皮膚から【経皮吸収
・呼吸から【経気道吸収

有害物質は皮膚の網目をすり抜けて血流に達し、体内を巡ります。脂肪と結びつきやすいので、男性は肝臓、女性は胸や子宮に溜りやすいという特徴があります。

有害な化学物質の影響を受けた子宮から生まれた子どもは、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーにかかるリスクが高いとされます。

日用品の中に含まれる有害物質は少量ですが、繰り返し使うことで体内に蓄積され、症状はある日突然現われるのです。

内藤晴輔の想いをカタチにしてお届けする「はるこころ」情報
24年2月16日号

関連記事

PAGE TOP